気ままに樹紋

●ジュモン'絵ブログとして、スケッチ主体ではじめましたが、写真も加えることにしました。●画像は拡大(クリック)して見てください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

湘南には

0528.jpg

湘南丸(;´・`)>
わかりやすい(≧∇≦)
後部デッキに取り付けられた、大きな糸巻きのような形は、
魚網を巻き取るものだろう。
大きな船ではないから、大きな魚を獲るのではない、、、と想像するが、
シラスではなさそう。
何を獲るのか、興味の答えを想像しながら描いた。
スポンサーサイト
  1. 2008/02/25(月) 19:13:13|
  2. 海辺の…
  3. | コメント:3

片瀬漁港



湘南一帯によく見かける、小さな漁港。
沿岸近海漁だから、港湾も船もこぢんまりとしているのだ。

ディープイエローのこの船は、乗り合い釣り船で、
バケツやデッキを、ぴかぴかに洗浄清掃の作業中だった。
手が濡れても、かじかむこともない好天気。
海と補色対比の船体が眩しかった。
  1. 2008/02/24(日) 01:54:03|
  2. 海辺の…
  3. | コメント:2

EYC



江ノ島ヨット倶楽部にて。


ぽかぽか天気と静かな海に、ヨットも昼寝かな。
防波堤には、翼を休める海鵜たち。
  1. 2008/02/23(土) 08:43:06|
  2. 海辺の…
  3. | コメント:0

江ノ島小春



とても温かな、心地よい日。
江ノ島をスケッチしてきた。

この灯台の展望室で、また仲間がグループ展をやる。
ここでやるというのが、粋だね。
  1. 2008/02/22(金) 00:02:36|
  2. 海辺の…
  3. | コメント:0

江戸台場



天気いい日は、ものさびしい。
空・海・曇れば、よりものさびしい。


ビル建ち並ぶほど、さむさびしい。
人あふれればなお、さむさびしい。
  1. 2006/10/27(金) 23:17:52|
  2. 海辺の…
  3. | コメント:4

港区海岸一丁目



日芝離宮庭園。JR浜松町駅のすぐ前にビルを建設中のクレーン群だ。

じわじわ引っ張ってもしらけてくるから、サッサと完成させることにした。クレーンを可愛く見せるには赤い色を使った方が良かったかな?


[港区海岸一丁目]の続きを読む
  1. 2006/07/19(水) 12:35:32|
  2. 海辺の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

旧デートスポット

竹芝2

流行り廃りは何にでもあるらしい。
竹芝桟橋を中心に、ベンチも充分に設置したボードウォークがあり、ここはかつて東京のデートスポットのひとつとして賑わったと聞く。
今は対岸にあたるお台場にスポットが移動した。
ひっそりとなって人目を忍ぶ環境になったからか、高校生カップルの熱烈ラブシーンが目に飛び込んできたりして、静かな時間を楽しんでいた自分が罪つくりをしているかのような、複雑な思いをさせられる。

板張りの上を歩くのは、室内ではごく普通のことで、特別な感触ではないが、土足で歩くのは「特別」付きで気持ちがいい。とても贅沢だな。
レストランなどで、床が板張りだったりすると、「靴のままいいんですか?」と聞いてしまうことがあり、特別なもてなし空間にいる心地よさを感じるが、手を合わせることはなくても、木の床を靴のままで歩くことは、日本人にとって聖域への立ち入りを許されたの如き快感とは言えまいか?
  1. 2006/07/12(水) 22:34:51|
  2. 海辺の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紙テープが投げられない

竹芝

海まで40kmの子供時代。
たまに見る水平線の彼方には、想像を超えた夢の世界があった。
旅の出入り口となる駅や港には、希望のほかに哀愁もあった。

竹芝の客船乗り場。
乗船にはタラップかと思っていたら、まるっきり旅客機の搭乗と同じ仕組みなんだ!
岸壁に下りていくことなく、客船にドッキングした通路を歩いて乗船するようだ。
船旅独特のテープを投げて見送る、恥ずかしくも感動的なセレモニーが出来ないではないか。




[紙テープが投げられない]の続きを読む
  1. 2006/07/11(火) 23:28:51|
  2. 海辺の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

今を生きること

ヴァンティアン

友だちのchicoyaクンの言葉通りなら、彼は1着のスーツも持っていない。ボクも同様でスーツは無い。
勤め人だった頃は、スーツはオーダーメイドでこだわりもあった。
だが現在の自由な職業に変わってからは、基本スタイルはGジャン、Gパンで、いつか知らずの間に、スーツは消滅した。

カジュアルと言うより普段着感覚で仕事の打ち合わせに出かけても、職業柄許される気楽さにはまったら、もうスーツなんてゴメンだ。

スケッチは、竹芝ふ頭客船ターミナルを出航する、海上レストラン(東京湾クルーズ船)「ヴァンティアン号」
船上結婚披露パーティの様子が見える。
住み分けて関わり無くなった世界が、2~30m先に見える。

あの中にいるときっとステキな空間。素晴らしい1日と、感動するのだろう。
でも、イエスノーを遠慮なく言えて、白黒丸四角を見たままに言える今の暮らしと友だちを大切にしたい。
そう思う。
  1. 2006/07/10(月) 23:20:01|
  2. 海辺の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

日の出のトラック2

トレーラーヘッド

トレーラーを切り離したトレーラーヘッド単体は、どの車より興味深いシルエットに見える。
ハイウエーを走る姿も、身軽そうでバランス良くも悪くも見える。
エンジンもかかっていない。無人だと思っていると、いきなり唸って走り出す予感がある。それが不思議に映らない。

日の出桟橋に、トレーラーヘッドを配置したらどんな感じかなと思ったので、モンタージュしてみた。
レインボーブリッジを重ねて遠近感をプラス。
  1. 2006/07/08(土) 22:23:35|
  2. 海辺の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

わざわざ埠頭で描く対象でもないが・・

トラック

日の出客船乗り場近くの倉庫群の駐車場にいたトラック。
港らしい景色の中で、ビシッとはまった1ピースだったので、写真に撮っておいた。
四角い単調な部位をさばき落として、えんがわとはらす部分を水彩紙に盛り付けてみた。
  1. 2006/07/07(金) 21:51:35|
  2. 海辺の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄とコンクリート

日の出水門

素材で考えると単純な景色も、変化に富んだ面白い構図を生み出していることがある。
単体ではよく出来た形だが、周りとの調和の無い構造物であることもあり、偶然なのか興味深い街景色になっていることもある。

東京湾に流れ込む河川の水門も、当然いろいろな形があり、面白いものつまらないものがある。
日の出水門は、1959年の伊勢湾台風の時の高潮被害のあと、築かれた赤い扉の水門だ。
特にどうと言う形でもないが、手前の橋のアーチと対照的な直線構造と、インパクトのある赤い色が、絵にもなりそうだと思ったので描いてみた。

カーチェイスする石原軍団が、突然現れそうな雰囲気の一帯です。

  1. 2006/07/06(木) 22:31:51|
  2. 海辺の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨フル芝浦



0391b.jpg

傘を差さずにどうにか歩いて、スケッチを始めたのだったが、徐々に傘が必要になってきた。
屋根のある所は、立ち入り禁止。色を塗れば乾かないし、にじみぼかしばかりの画面になってしまう。
線描きでストップ。あとは写真と帰宅後の着彩だ。

ゆりかもめに乗ってせっかく来た場所だから、写真だけでも撮って帰ろうと気持ちを切り替えたが、資料写真には不向きなどんより空になってしまった。
天気のいい日に出直すと面白い地域であることがわかったから、とりあえず収穫ありと・・・
  1. 2006/07/04(火) 01:57:23|
  2. 海辺の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

湾内波静か。

shoryu

湖面用モーターボートと、近海面用モーターボート。海と川のフェリーなどでは船底の形が違う。
タグボートがオモシロカワイイのは、パグやフレンチブルやブルドッグのように、安定よろしく四肢を踏ん張ったような体裁が影響してるかもしれない。
あのちびっこい船体が、ガリバーを引っ張る小さい人たちとオーバーラップするところも、頑張る人にウルッと来る人の心理を刺激するのだろう。
  1. 2006/07/03(月) 20:09:50|
  2. 海辺の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カッコいい脇役はカッコいい



車でもベンツなんかには興味がなく、船舶も豪華客船にはさほど関心が無い。
船でいえばタグボートの可愛らしさとたくましさと、実用から生まれたフォルムが好きだ。

茅ヶ崎は、漁船だけの港だから、子供のころから興味があったタグボートを見ることなどありっこない。

芝浦ふ頭から竹芝桟橋あたりをあるいてみた。

いた。
いました。タグボート。
キュートだなぁ。

まずは正面から。
  1. 2006/07/02(日) 21:57:59|
  2. 海辺の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。