気ままに樹紋

●ジュモン'絵ブログとして、スケッチ主体ではじめましたが、写真も加えることにしました。●画像は拡大(クリック)して見てください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スリ


逆さまになってるから・・・
ウチのはす向かいさんの庭の、山桜の樹皮を、せっせせっせと齧るスリ、っっとぉ、リスだ。
この辺りじゃ、江ノ島や鎌倉の森に野生化したのがけっこういるが、茅ヶ崎の住宅地でリスを見かけるのは、ゼロではないが滅多にない。
見てないだけで案外いるのかもしれないが、、、

庭の枇杷の実をもぎ穫っていて発見した台湾リス。
たまたま側に置いてたデジカメで撮ったのだけど、高倍率じゃないし動くリスだから、撮れてないかもと思ったら撮れてた。
野生の生き物が檻や籠の中ではない空間にいるのを見るのは、ドキドキするよ。
スポンサーサイト
  1. 2010/06/15(火) 18:33:41|
  2. いきもの…
  3. | コメント:1

にらみ合い


うわぁう、、、ふぅうう、、、
うるさいよ、おまえさんたち。
  1. 2010/06/11(金) 13:52:56|
  2. いきもの…
  3. | コメント:2

神戸三ノ宮の御老公


賢い鳥として知られるカラスだが、
数々の驚きの所業を別にしても、あの騒々しい鳴き声に、何と人の声に似ていることかと、
感心させられたり、ときに苦笑・爆笑のことがある。

一昨日、神戸元町から三ノ宮目指して歩いていたら、高らかに笑う声が点から響いた。
きょろきょろ見上げたら、天というにはまだ下界のうちの電線に、一羽のカラスが、
カッカッカッカッ・・・と鳴く姿があった。
思わずつられて笑った。
もっとも、カラスは笑っているのではなく、鳴いているだけ。
でもすごくおかしかった。
TBSの長寿時代劇「水戸黄門」の、初代黄門様“東野 英治郎”ばりの、いわゆる“黄門様笑い”に
そっくりに鳴くカラスだったのだ。

我が家の近所でも、アイツだなと、識別できる鳴きのカラスがいる。
日本人の声はだいたい甲高いから、カラスとよく似ていると思うことが結構ある。
  1. 2009/03/12(木) 01:44:35|
  2. いきもの…
  3. | コメント:0

鶴は千年、亀は・・・



推定20~23年モノの亀。
名をカメゾウというアカミミガメがお向かいのT家にいる。
T家の長男が、小学校の校庭をのそのそ這っているのを保護して連れ帰ったものと聞いている。
俗にいうミドリガメ。こどもの掌にも収まる小亀であったが、年月を重ねて水槽が狭苦しく感じる、甲長30cmほどの大きさに育った。
池や川でなくても、大きい水槽で飼っていたらもっと成長したかもしれぬとTさんが言っていた。

天気のいい日は水槽ごと日向に出してもらい、体が温まったカメゾウは水槽の壁を何度も何度もよじ登ろうとする。
家の中にいても、コツーンコツンとカメゾウの甲羅がガラスの壁を打つ音が、延々と聞こえてくる。

コツーンコツン・・・・・

この音が聞こえる日が続くと、カメゾウの冬眠が近い。直に冬だなあと知るのである。
カメゾウは我が家の枇杷が好物だが、彼の冬眠中の寝床もまた我が家の枇杷の葉なのだ。
  1. 2006/11/16(木) 22:05:31|
  2. いきもの…
  3. | コメント:5

オニヤンマに出会った晩夏



遼雲番外編
駐車場をハイスピードで飛遊するオニヤンマに遭遇して興奮した。
久しく見ない勇姿を目で追い続けた。オニヤンマを見ると瞬間!ガキの頃にタイムスリップするから不思議だ。

愛用のデジカメではとらえきれないから、近くに止まっていたシオカラっぽいのを撮ってきた。
こちらは背景に透けて目立たないようにしていた。
ティッシュペーパーを広げ、滲むのを承知で描いてみた。
お。
背景に透けてる。
  1. 2006/09/27(水) 23:39:51|
  2. いきもの…
  3. | コメント:10

シマウマ



ふた昔ほど前(?)にボー・デレク主演の「類人猿ターザン(だったかな・・・)」という映画の中で、ジェーン役のボー・デレクが、シマウマにまたがって草原を疾走するシーンがあった。
映画のストーリーも感動も残っていない。
人が馬のように騎乗するのは調教不可能なシマウマ。そのシマウマを駆るボー・デレクが映画の売りになっていた。
思い出すのはそのシマウマだけだ。

シマウマは縞模様にペイントされたサラブレッドであることが一目瞭然。
アフリカにいるはずがない動物も続々出てきた。
結構面白かったと思う人が多い映画であったが、唖然食らい過ぎたボクには最悪の映画になったのだった。

シマウマは調教できないのだ。


[シマウマ]の続きを読む
  1. 2006/08/24(木) 23:41:15|
  2. いきもの…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

完璧!

deep impact

4月の締めは京都。
春の天皇賞での、ディープインパクトは強烈だった。
普段競馬をやらない見ない人間が、その名を知り、注目される馬は、史上に何頭かいるが、すでに伝説となっているディープインパクト! 昨日は度肝を抜かれた。
06年4月30日の話題は、ディープインパクトで決まり。
  1. 2006/05/01(月) 04:22:48|
  2. いきもの…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

イヌの不思議

小豆
興味深いことの1つに、厚木にある介助犬育成団体「トータルケア・アシスタントドッグセンター(TAC)」にいる、柴犬の介助犬候補犬「小豆」の存在があります。 日本の介助犬でよく見かけるのは、ゴールデンやラブラドールなどのレトリバー種ですが、小さい体の柴犬が、介助犬としての適正をどれほど見せてくれるのか興味があったのです。 残念ながら、適正云々とは無関係の問題で、介助犬にはなれなかったことを、つい最近のTACの機関紙で知りました。 残念! 機関紙には、TACの活動の一環で、あきる野市の「ムツゴロウ動物王国」を訪問したときの話が載っていました。 ここにも興味深い動物王国からの土産話がありました。 野生の犬ほど、自分たちのグループに他の犬が近づくと、排除しようとするらしいのですが、ハーネスを着けた介助犬や盲導犬などには、一切手出しをしないと、王国の人が教えてくれたそうです。 王国には、放し飼い状態の数多くの犬がいて、実際にTACの介助犬が近づいてもおとなしくしていたようです。 以前、ハーネスを着けると、介助犬の姿勢になり、ハーネスをはずすと普通の犬に戻ると言った話を、 TACの代表に聞いたことがあります。制服やバッジを着けた人間に聞かせたいものです。
  1. 2006/03/09(木) 22:56:16|
  2. いきもの…
  3. | コメント:2

抜群の注目度

kugenuma

茅ヶ崎も藤沢も、海岸の遊歩道は犬連れが多い。
好天気だった日曜日の昨日も、チワワからピレネーマウンテンドッグまで、いろいろな犬と散歩する人を大勢見た。R134沿いには、愛犬を遊ばせることができるカフェなどもある。
鵠沼海岸はビーチバレーのメッカで、砂まみれになってボールに飛びつく若者達の歓声が、浜辺の砂に埋もれた夏を掘り起こしていた。
その光景を見ている一人の女性が座るコンクリートのスタンドには、ピタリ寄り添ってゴールデンレトリバーが並んで座っていた。
二人は恋人同士の雰囲気があった。
そのとき、遊歩道を若い男性に連れられて1匹の小型犬がやって来るのが目に入った。
近づいて来るごとに、辺りにいる人々が振り返る注目度の高さ!

手足の生えた鞄が、とことこ歩いて来るようだった。よく見ればカワイイとはいえない顔なのだが、出で立ちと派手なカラーリングとその小さい体が、玩具のようなカワイさの中にコミカルなムードをまき散らしながら歩くため、みんなが振り返る。
飼い主と遊ぶボールをくわえて、ぎょろ目をクリクリさせていたが、それがなぜか得意気に見えた。
彼の主もまた、無表情を装っていたが、充分に周囲の視線を意識しているようであった。
  1. 2005/11/14(月) 16:43:16|
  2. いきもの…
  3. | コメント:2

擬態?

兎森

数年前、JRポスターに“トトロ”の形に似た樹の写真が使われていたことがあったと、記憶している。確か、東北のどこかに実在する樹だった。
JR相武台下駅に下車して、田園地帯を歩いたとき、遠く相模川方向に、こんもりと森が見えた。
[擬態?]の続きを読む
  1. 2005/09/03(土) 20:37:16|
  2. いきもの…
  3. | コメント:0

解っているのに混乱する花

金魚草
グラジオラスを見るとすぐに、金魚草を連想してしまう。

金魚草を知ったのは小学生の頃。
クラスの誰かが家から持ってきて教室の花瓶に生けたのを見たのがはじめだった。本当に金魚(流金)に似た形と色の花でおもしろかった。茎のテッペンには金魚のつぼみがいっぱいついていて、赤ちゃん金魚が誕生していく様も面白かった。
[解っているのに混乱する花]の続きを読む
  1. 2005/07/12(火) 19:41:48|
  2. いきもの…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グラジオラス


我が家にはあまり馴染みではないグラジオラスが玄関の花瓶に生けられた。
買ってきた花とは思えない。
妻に聞いてみた。


[グラジオラス]の続きを読む
  1. 2005/07/11(月) 22:11:53|
  2. いきもの…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

猫が消える日

20050706231554.jpg
1日に何回も。時には夜中でも。
飼い猫の名を呼び続けてさまよう近所の主婦。
2拍子で延々と呼び続ける声は騒音そのもの。近所の家々は、既に限界点に達した我慢と必死に戦っている。

[猫が消える日]の続きを読む
  1. 2005/07/06(水) 23:37:58|
  2. いきもの…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

確かめたいこと

20050705222643s.jpg
空の青が濃くなるにつれ、輝きを増すひまわり。
池や川の水面に映る空。
雲間をかき分けて空を魚たちが泳ぐ。
空にさざ波立つ。

水辺にも夏の花が咲く。
お釈迦様縁の蓮。
[確かめたいこと]の続きを読む
  1. 2005/07/05(火) 23:54:25|
  2. いきもの…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

乾燥薔薇

20050628231900.jpg
ベッドの脇に吊るしておいた、針金で束ねた薔薇がパリパリになった。
とっくに乾燥していたはずだが、吊るしているのを忘れていた。
もともと黒っぽい紅い薔薇が、乾燥して味わい深いより暗い紅になった。
たったこれだけの束では中途半端だから、何か工夫が必要だな。
・同じくらいの束をたくさん作る。
・もっと大きな束にする。
・いろいろな種類を増やす……
イメージするのは楽にできるが、、、
ドライフラワーに凝っている訳ではないから、実現までにえらく時間がかかりそうだ。
[乾燥薔薇]の続きを読む
  1. 2005/06/28(火) 23:31:14|
  2. いきもの…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。