気ままに樹紋

●ジュモン'絵ブログとして、スケッチ主体ではじめましたが、写真も加えることにしました。●画像は拡大(クリック)して見てください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今夜中に

仕事中

原稿を書かなきゃならないので、、、、
また明日~

[今夜中に]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2005/08/31(水) 22:37:41|
  2. いろいろ…
  3. | コメント:0

再スケッチ

欅路

21日に、仙台・定禅寺通りで欅(けやき)並木を描いて、中途半端な仕上がりだったから、もう一度描いた。
描き直しはしないことにしているブログだから、視点を移動し画面を横にして、、、と。。。結局左程どうってことはない絵になった。
無駄なことをやった気もするが、今後に生かせばヨシとしよう。

[再スケッチ]の続きを読む
  1. 2005/08/30(火) 14:17:21|
  2. 旅の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう1点仙台駅西口

西口

ペデストリアンデッキから、青葉通り方面を望んだ景色。
でもこれじゃ、ドラマの画面に出てきても、地方ロケやった証拠にはなりにくい。振り返って、仙台駅ビルを描き、あとは伊達政宗公の騎馬像を、青葉城址で描かないと。
[もう1点仙台駅西口]の続きを読む
  1. 2005/08/29(月) 23:05:59|
  2. 旅の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仙台駅前西口

仙台駅西口

仙台に滞在中の行動範囲は、青葉区に限られ、イメージが記憶になるのも西口側だけになってしまう。
少々雨にたたられてもこのスケッチの場所辺りから、自分に関わる施設やホテル、飲食関連先まで、アーケードのある商店街を通って、傘なしで行けてしまう。
アーケードの道幅は広く、距離も長い。各店の奥行きも深く、半端な力では商品を空間に負けず並べて売りさばくのは難しいだろう。しかし繁華街の人出は夜遅くまで多い。さすがに大都市!
[仙台駅前西口]の続きを読む
  1. 2005/08/28(日) 23:58:44|
  2. 旅の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

沖の艦隊

matsushima

似たような大きさの島が、集中して浮いている松島湾沖合い。
じーっと見ていると、次第に沿岸に近づいているような錯覚になる。
まるで攻め来る異国の船団の如し。 [沖の艦隊]の続きを読む
  1. 2005/08/26(金) 22:15:40|
  2. 旅の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の驚き!

スカートおじさん

もう少うし、仙台・松島紀行と行きたいところだが、話しが古くならないうちに、、、

仙台行きの前日。東京駅から山手線内回りに乗った。
確か、、鶯谷からその人は乗り込んできた。
[最近の驚き!]の続きを読む
  1. 2005/08/25(木) 11:35:30|
  2. ファッション…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

松の木越に観る五大堂

五大堂

間近で全容を観るより、距離を置いて観る、松の木越しの五大堂が魅力的だ。
チラリズムの魅力ではなく、風雨にさらされ続けた木造建築を間近で観るのは、痛ましさを覚えることがあるからだ。
さらに、わざわざこの小さな島に建てたからには、土台の島とトータルでデザインしたはずだ。
離れて土台ごと視野に入れて観る五大堂が美しく思えても不思議はない。
[松の木越に観る五大堂]の続きを読む
  1. 2005/08/24(水) 19:53:43|
  2. 旅の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

島々が防波堤

松島港
茅ヶ崎港は入り江ではなく、湾といっても大きな相模湾の中にある、コンクリートの囲いで波を防いでいる漁港だ。
松島港は小さな松島湾内にあり、点在する島が波を静めている。
景色は対照的な港だ。
遊覧船中心の松島。漁船中心の茅ヶ崎。船舶の構成も対照的。

[島々が防波堤]の続きを読む
  1. 2005/08/23(火) 23:46:28|
  2. 旅の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

松島遊覧

松島港
奥松島・嵯峨渓・全島を回るコースを、震度7強クラスの縦揺れ横揺れの船で巡って来た。

ホテルをチェックアウトした時、雨が降っていた。
迷った。
しかしいつまた来れるか分からない仙台だ。雨は雨ならではの景観に出会えるだろう。
答えを松島遊覧に決めたら迷いなく、40分後には松島海岸駅に降り立ち、嵯峨渓遊覧コース「やまびこ号」のチケットを買った。
乗船までに30分の余裕があった。
国宝「瑞巌寺」の門をくぐって岩窟群と、杉の森を垣間観てきた。残念ながら拝観料700円を払って観てくる時間はなかった。

[松島遊覧]の続きを読む
  1. 2005/08/22(月) 14:57:05|
  2. 旅の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大好きなケヤキの並木

定禅寺通り
お昼からの仕事を前に2S。ブランチにsushi。ブログ用にsketch。
寿司は食べる量を加減できる回ってるヤツ。スケッチは今日のイベント会場“せんだいメディアテーク”の前の、定禅寺通り。車道の真中に遊歩道があり、ケヤキの根元には花壇やベンチがある。木陰のベンチでスケッチをしようとしたら、どこかのTVクルーがロケをやっていたので、しばらく待ち、いなくなってから描きだした。
鬱蒼とした感じには程遠いから、帰ったら別に描いてみよう。茂みより幹が目立ちすぎか。
[大好きなケヤキの並木]の続きを読む
  1. 2005/08/21(日) 13:45:04|
  2. 旅の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

雷雨かいくぐり

缶ビール
到着した仙台青葉区某ホテル。
連日の睡眠不足で、かったるい。

ホテルでおとなしくしています。

絵も、控えめに。
[雷雨かいくぐり]の続きを読む
  1. 2005/08/20(土) 22:39:08|
  2. 旅の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

かき氷有名店

かき氷
携帯のアドレス帳にも地図付で登録している。
国内では数少ない、天然氷を製造しているところで、かき氷も食べさせてくれる。
それがなんともまろやかな、氷って、こんなに美味しいものだったか?と多くの人が驚く味とか。
夏の暑いときは、少し粗めに削り、涼しいときは雪のようにふんわりと削って出す、食感にも思いを込めて出してくれるそうだ。
[かき氷有名店]の続きを読む
  1. 2005/08/19(金) 23:31:04|
  2. 味の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

扇風機よりお世話になった?

かき氷機
近所の駄菓子屋にもあったかき氷。こどもの僅かな小遣いで、シャリシャリ削った山盛りのかき氷が、暑さでのぼせた頭を頭蓋骨がミシミシ音を立てるくらいに冷やしてくれたっけ。ただしこどもの目にも怪しげな果汁とは思えない鮮やかシロップだった。が、そんなことは誰も気にしちゃいない。駄菓子屋にあるものはたいてい怪しかったから。
懐かしいかって!
どうだか…
今のかき氷の方が豪華でうまい。
でしよ?




画材:水性ボールペン+透明水彩絵具
  1. 2005/08/18(木) 23:06:05|
  2. モバイル…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

扇風機

扇風機
レトロなモノ、アンティークなモノに興味が向うことが多い。
昭和初期の扇風機が売られているのを見かけると、ウィンドーの前でつい足をとめて見入ってしまう。猛烈に「買うぞ!」とまでは行かないが、ちょっとその気になることは多い。

[扇風機]の続きを読む
  1. 2005/08/17(水) 23:35:20|
  2. 郷愁…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

弱肉強食

雷魚
事故。事件。戦争。
8月は生死に関わる大きな出来事が多い。
それは人間世界の範囲にとどまらず、いたるところで目にすることができる。
子供時代のお盆のファンタジーを、昨日エントリーしたが、今日は同時期に受けたショッキングな物語を、、、

[弱肉強食]の続きを読む
  1. 2005/08/16(火) 22:56:42|
  2. いろいろ…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

終戦記念日

盆踊り
そしてお盆。
お盆にまつわる思い出は多いが、中でも盆踊りのシーンはよくフラッシュバックする。
私の盆踊りのイメージは母の故郷の盆踊り。
度々登場する母の故郷は、福岡県鞍手郡宮田町本城。

マザーグースに「おとこのこは なにで できている?」「おんなのこは なにで できている?」というフレーズがある。
私の一部は、母の故郷のエキスでできていると思う。

子供の時分に見た田舎の盆踊りは、その土地の風土が生み出した特有の文化だった。もちろん他の地域の影響は受けるはずだが、今のようにメディアを介して、一気に全国に伝染することはなかったから、中にはガラパゴスの生物然とした、独自の文化を育んだ地域もあったのだ。

[終戦記念日]の続きを読む
  1. 2005/08/15(月) 21:55:38|
  2. 郷愁…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

やってみたいこと

回転椅子
常識とか羞恥心とか、厄介なものが無かったらやってみたいことがいくつかある。

そのひとつに、

キャスター付の回転椅子にYUを座らせて、広々スペースで、押し滑らせたり、回転させたりしてどんな反応をするか見てみたい。
今某テレビCMで男性社員が会議途中に椅子のまま、スイスイと移動し、屋外に飛び出し、コンビニに寄ったりして再び会社に戻るというのがあるが、やってみれば絶対に面白いはずだ。

[やってみたいこと]の続きを読む
  1. 2005/08/14(日) 23:16:14|
  2. いろいろ…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏・おもいで

ポンプ小屋
水田に水を引くためのポンプを設置した小屋があった。
農家の若い衆が交代で寝泊りして監視できるように、畳1畳の簡易ベッドが作りつけてあり、夏休みの間は何度か叔父と寝泊りしたことがある。
小学生の頃の夏の思い出だ。

[夏・おもいで]の続きを読む
  1. 2005/08/13(土) 23:11:26|
  2. 郷愁…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

騒々しさと物悲しさと…

セミ
蝉の声は遠い記憶を呼び覚ます。子供から大人になり、重ねて来た幾多の切なさや喜びの日々が、うだる暑さから涼み行く夕刻までの時の変化とともにこみ上げることがある。
しかしそれも、聞きなれた一定のリズムで鳴いてくれてこその効果。

今日は昼過ぎに寝て、夕方の7時に起きる予定だった。
目覚めたのは6時少し前。
窓の近くの木でミンミン蝉が鳴いていた。
ミィーーン ミィーーン ミィーーン
と、普通に鳴いてくれればそのまま予定時間まで眠れたはずだが、
ジッ、ジ  ジジジ、ジーーーーッツ、ジジッ ----チッジ~~~
と鳴くのだ。気になり耳障りで目が覚めてしまった。


[騒々しさと物悲しさと…]の続きを読む
  1. 2005/08/12(金) 23:27:57|
  2. いろいろ…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オイルランプ

ランプ
一見落ち着きある様子に見えるかもしれない(え?見えない!)が、私は結構ドジって慌てることがある。

若い頃オイルランプを探し回り、価格面で断念したことは先日書いたが、25、6のときに、渋谷で売っていたタイ製のランプを買ったことがある。欲しかったのは日本の物でデザイン的にも別物だったが、とにかく揺れる炎のランプを、自分の部屋で見たかった。他愛もない理由に見合った、5000円ほどの価格だったと記憶している。

[オイルランプ]の続きを読む
  1. 2005/08/11(木) 22:28:03|
  2. いろいろ…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

陸(おか)で一休み

漁船
海から上がり、体を乾かすアシカのイメージとオーバーラップする部分もあるが、太陽の熱を吸収しているわけではあるまい。
船内機の点検や船体の塗装などのほか、部外者には想像のつかない作業があるのだろう。
[陸(おか)で一休み]の続きを読む
  1. 2005/08/10(水) 23:31:54|
  2. いろいろ…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

漁港スケッチ(完)

gyokou
墨1色でモノトーン仕上げにしようと描き始めたが、珍しく途中で迷ってしまった。
いったんは予定通りに墨の濃淡で着彩を始めたが、画面を上下に分割する構図が気に入らないと思うようになって、破棄しようとしたのだが、描き直しをしないやり方を全うしなくちゃなあ、というわけで、とりあえず、筆を置いて、1日置いて気を取り直しの再スタート。

[漁港スケッチ(完)]の続きを読む
  1. 2005/08/09(火) 22:42:36|
  2. 街の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

砥部もの
年中呑んでいるビールだが、旨さが際立つのはなんと言っても盛夏だ。
[器]の続きを読む
  1. 2005/08/08(月) 23:00:06|
  2. いろいろ…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

港内の波紋をスケッチしてみよう

漁港スケッチ
漁船はモチーフとして面白いと書いたが、漁船回りにも興味を引く要素は多い。

港内の波静かな海面には、岸壁や磯には見られない波紋がある。
波紋を主役に、描いてみるとしようか。


[港内の波紋をスケッチしてみよう]の続きを読む
  1. 2005/08/06(土) 23:54:51|
  2. 街の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

この時間まだ

東海道線車中戸塚駅。
絵はお休みで~~~す。
  1. 2005/08/05(金) 23:42:11|
  2. モバイル…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

漁港の

漁協建造物
水揚げした海産物を競る市場の建物に程近く、奇妙なバランスの建物がある。
スレートなどの波板囲いのお手軽建築だが、異様に目立つ。
2階建て相当の高さの屋根上に、小さな煙突!


[漁港の]の続きを読む
  1. 2005/08/04(木) 23:47:16|
  2. 街の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海岸を歩いて、

漁船
日常見かけるモノの中では、画材(絵のモチーフ)にして最も面白いのは漁船だ。
単体でも複数でも興味深いシルエットであり、曲線と直線の組み合わさった形の船体にはリズムと変化がある。


[海岸を歩いて、]の続きを読む
  1. 2005/08/04(木) 02:32:11|
  2. いろいろ…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

漁港への道

漁港
ゆるやかに下る道は、茅ヶ崎港とサザンビーチへの入り口となる。
漁港を中心に、西側は狭いながらも海水浴場があり、天気に一喜一憂しながら客引きをする海の家が並ぶ。東には先月終わった茅ヶ崎のビッグイベント浜降祭の舞台になった広場がある。
3日後には花火大会でごった返すなど、茅ヶ崎の海のイベントの中心会場だが、永らくこの町に住みながら、浜降祭は1回。花火大会も1回くらいしか行ったことがない。

[漁港への道]の続きを読む
  1. 2005/08/03(水) 21:13:02|
  2. 街の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1年越しの挑戦

サンダル
昨年夏にネットショッピングでサンダルを買って、届いた翌日に都内へ履いて出た。
片道25分の茅ヶ崎駅に辿りつく前に、なんとなくつらい状況になってきた。ベルト部分などの素足の接点がすれてやや痛い。戻って履物を替えるゆとりはないので、そのまま電車に乗って東京~駒込へ。
駒込駅から通常14~5分の距離を5分オーバーくらいで仕事先着。
キズバンを携行していたから、マメになった部分に貼ったが、痛くて歩きづらいのは変わりなかった。
帰りはもっと時間がかかった。
ふと、“伊藤家の食卓”でやっていた靴擦れ防止の裏技を思い出して、まずバッグからスニーカーソックスを取り出して履き、ポケットティッシュの中身を出して袋部分をすれてるところに、靴下からはみ出さないように当てて歩いたみた。ウソのような歩きやすさになった。
後日、仕事仲間の20代の女性に「女性たちはミュールなどこともなげに履いてるけど、選び方のこつなんかがあるの?」と聞いたら、まずは1回血まみれになって足を慣らすしかないと言われた。

[1年越しの挑戦]の続きを読む
  1. 2005/08/02(火) 23:58:50|
  2. ファッション…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。