気ままに樹紋

●ジュモン'絵ブログとして、スケッチ主体ではじめましたが、写真も加えることにしました。●画像は拡大(クリック)して見てください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シマウマ



ふた昔ほど前(?)にボー・デレク主演の「類人猿ターザン(だったかな・・・)」という映画の中で、ジェーン役のボー・デレクが、シマウマにまたがって草原を疾走するシーンがあった。
映画のストーリーも感動も残っていない。
人が馬のように騎乗するのは調教不可能なシマウマ。そのシマウマを駆るボー・デレクが映画の売りになっていた。
思い出すのはそのシマウマだけだ。

シマウマは縞模様にペイントされたサラブレッドであることが一目瞭然。
アフリカにいるはずがない動物も続々出てきた。
結構面白かったと思う人が多い映画であったが、唖然食らい過ぎたボクには最悪の映画になったのだった。

シマウマは調教できないのだ。


[シマウマ]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2006/08/24(木) 23:41:15|
  2. いきもの…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ともだち 描いてみた



似てるかな?
onocaoliちゃんです。
  1. 2006/08/23(水) 23:52:27|
  2. いろいろ…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

ニジュウ?ジカンテレビは

嫌いだから基本的には見ません。
しかし今週末の日テレ系24時間テレビは、一部だけ見る予定です。
友人の作家・岸川悦子さんが書いた本がドラマ化されて、土曜日午後9時15分頃から放映されるからです。

ポプラ社刊「ユウキ」

カバーにはノンフィクションと書いてありますが、これまでの付き合いで知る岸川さんは、厳密にはフィクションしか書かない人で、おそらくこれもノンフィクションで売りたがるメディアの手によるものでしょう。
入念な取材を元に、真相を曲げることなく、しかしフィクションを書くのが岸川さんです。

さてどんなドラマになっているのでしょうか!
これまで岸川さんの作品はかなり劇場アニメやドラマになっていて、どれもみた人の魂を揺さぶったものばかり。
楽しみです。

「ユウキ」
お時間がありましたら、ご覧になってみてください。
後悔はしないはずです。

   因みにこの記事はミクシィの日記とシンクロです。
  1. 2006/08/22(火) 05:33:11|
  2. いろいろ…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いたずら三昧の日々



18で入った会社は圧倒的に女性社員が多くて、先輩もジョシが過半数。
あの頃はしょっちゅういたずらしてたなぁ。

入社したばかりだからジョシ社員も全員大先輩だった。

たとえば昼休み。
みんなドーッと息抜きに外出する。
見れば先輩の洋服が壁のハンガーに吊るされてる。

昼休みが終わって、ドーッと戻ってくる大先輩ジョシ。
その1人が怒りとお腹のよじれで顔をゆがめ、床を、机を叩きながら泣き笑いで言ったものだった。
「ほんとーに腹が立つ!でも可笑しい^^似てるから可笑しい~~。くっそーでも腹が立つ!でも憎めないっ!」

泣き笑ってる先輩のハンガーにかけられた洋服に、当人の似顔とO脚の脚を紙に描いてセットしただけのことなんだけど、今考えれば、人のコンプレックスをいたずらと言う手口であからさまにして、なぜかそれが受けていた、空恐ろしい少年時代の末期だった。

頭に乗ってた。
社長婦人から、あんたのそういうところが社員のなごみになってる。遠慮せずにやりなさい。
なんとお墨付きをいただいちまった、とんでもない青き時代を過ごしたのだった。
当然、いたずらはこれにとどまらず。
  1. 2006/08/18(金) 02:52:02|
  2. 郷愁…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

カラビナ



chicoyaさんほど持ってはいないが、何かと便利なので小ぶりのカラビナを幾つか愛用している。

カラビナと言えば、最近やたら欲しくて仕方ないのが、アメリカでは有名な「ダコタウォッチ」の数あるアイテムの1つ。カラビナ一体式多機能時計「アングラー(イラストの)」だ。
今愛用のスウォッチで間に合っているから、すぐには飛びつけないが、手頃価格だから、うずうずする、、、

ここで発表しないで、さりげなく連れまわしたいところだが、発表すれば、すぐに仲間内の目に付いて、あ!あれ。もう買ったのか!と言われる可能性大。
久しぶりに衝動買いしたい自分へのブレーキに、ブログの記事にした (*- -*)
ボクもまだまだToy好きらしい。
  1. 2006/08/12(土) 23:44:09|
  2. ファッション…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

似顔絵の真似事



あたり線も無く誰かの顔に似ているように描くのは、経験も無いから結構難しいものだ。
それでも描いてみようと思ったのは、最近街を歩いていて、以前は良く見かけたayuメイクから、時折k.kumiメイクだ!と思える若いコが目に付くようになった気がしたからだ。
どちらもボク的には濃いのだが、後者の濃さには不細工をごまかした笑いの要素を感じる。
そのせいか前者のメイクをいくらかは受けつけられるようになってきた。
エロカッコいいとか言ってるけれど、露出して過激ポーズをとらなきゃならないのはエロイのとは違うし、カッコいいものではない。
後者のおかげで、前者が良く見えてきた。
  1. 2006/08/11(金) 21:11:49|
  2. 街の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

携帯ストラップその2



携帯ストラップは、以前ここで紹介したもののほかに、結構いろいろ持っていて、特注品もある。
その1つがこれで、厚みは薄いぬいぐるみのピエロだ。
もとはブローチとして売られていたもので、裏にピンがついていた。
お店に頼んで、製作者に手間賃を払ってストラップ用の黒紐を取り付けてもらったもの。
黒の携帯に合わせた物だったが、今の白い携帯に変わってからは出番が減っていた。

またしばらく出番と願いましょうか。
  1. 2006/08/10(木) 23:23:01|
  2. ファッション…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

山手線車窓から

tabata1
tabata2
tabata3
分岐



ひと様の興味を誘う話題ではないが、気がつけば見上げている景観。
東京駅で山手線内回りに乗り換えて駒込駅を目指すのだが、並行して走る山手線と京浜東北線が、船の舳先で切り割き分けられるように、つぅーと左右に流れていく場所だ。
巨大な空母か戦艦の舳先のごとく、そそり立つ崖を見上げる。
そこには舳先の先端まで満載された民家が、空の下町の営みを見せている。
梅雨時には黄色い実をつけていた枇杷の木は、もうすっかり濃い緑。今はフェンス越しにカンナが花をつける季節。

朝な夕な途切れることなく走る電動蛇から漏れ伝わる下界の音や振動。明かり。空の下町からだとどんな印象なのだろう。
京浜東北線と沿うように、東北新幹線も舳先をかすめて走るこの場所は、ボクには生活未体験ゾーン。
好奇心をくすぐるスポットなのである。



  1. 2006/08/07(月) 17:32:18|
  2. 街の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

茅ヶ崎の絵になるお店

mokichi

“絵になる”対象は、人毎に異なるはずだから、あくまでもジュモン的に見れば、、、ということで見ていただきたいが、既に絵にしたお店にまずまずの評価を得ているので、今回も恐る恐るではなく自信を持って、素敵なお店としてご紹介!

[茅ヶ崎の絵になるお店]の続きを読む
  1. 2006/08/06(日) 01:29:36|
  2. 街の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

明日は一日ずらり太陽マーク

太陽

気温も33度以上。この夏1番の暑さになる模様。
太陽マークくんもばてる可能性がありそうだ。
早朝から片道2時間半をかけて、埼玉は草加のD協大学へ、毎夏恒例の仕事で出かける日だ。

飲料水・汗拭きのタオル類・体育館上履きなどが必携品。


[明日は一日ずらり太陽マーク]の続きを読む
  1. 2006/08/03(木) 23:50:22|
  2. お天気…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

新しいイス

メッシュチェア

1週間以上かけてイスを選んだ。
選択のキーワードは、背・座オールメッシュ。

現在仕事をしている会社の地階のビデオブースは、布張り回転椅子から、長時間座っても蒸れない総メッシュの回転椅子に替わった。
ジウジアーロデザインのBARONというブランドの回転&ロッキングチェアで、見た目もオシャレだが座り心地や通気性もよく、すっかり気に入ってしまった。

自宅で仕事に使っているイスが、あちこち機能を果たさないから、新しいのにしようと思ったが、当然狙いはBARONである。
だが肘掛の無い会社のタイプでも11万前後。肘掛付きとなるとさらに価格はアップする。
インターネットで、少しでも安いのを探そうと、検索するうちに、会社で聞いた価格より安く、9万前後で買えることがわかった。同シリーズにはランバーサポートやピロー付き、フレームの素材やカラーを選んでいけば倍ほどの価格になる魅力的なイスがバリエーションにあって悩む悩む。
さらに調べると、別ブランドでより高級なイスが存在していて金も無いくせに悩む悩む。
(*´ェ`*)悩むのはタダなり~


[新しいイス]の続きを読む
  1. 2006/08/02(水) 23:38:57|
  2. いろいろ…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。