気ままに樹紋

●ジュモン'絵ブログとして、スケッチ主体ではじめましたが、写真も加えることにしました。●画像は拡大(クリック)して見てください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

梔子

20050425225357.jpg
白い花と芳香が魅力で、葉を食う芋虫がゾクッと来る梔子。
花はもう少し待たなければならないが、その枝はまだ昨秋の赤い実をつけたままだ。



羽子板遊びのつくばねにも似た梔子の実を見れば、尊敬していた、一徹な母方の祖父の姿が浮かぶ。
祖父の代は、年末の餅つきに、この梔子の実が、かき餅の色付けに使用されていた。
甘いあんこ餅は嫌いだったが、ほの甘いかき餅は大好きだった。梔子の実はまるで、正月用の餅つきの日に間に合わせてくれたかのように、師走に紅色に熟したが、染まったかき餅は、やさしいピンク色になった。そのピンクがおいしかった。

花咲く6月は風が運んでくる薫りを探し、寒い時期は葉の影に隠れているつくばねに似た実を探す者に、誰かにプログラミングされているのだろうか。



下描き:水性ボールペンのあたり
画材:透明水彩絵具
スポンサーサイト
  1. 2005/04/25(月) 23:43:11|
  2. いろいろ…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<カミツレ | ホーム | 筍採り物語>>

コメント

この技術あれば日経もっと楽に描けたなぁ
残念!!!!
  1. 2005/04/26(火) 09:18:14 |
  2. URL |
  3. chicoya #-
  4. [ 編集]

♪何と~おっしゃるチコヤさん~。
世界のうちであなたほど~、楽しい絵を描く者はない~♪
  1. 2005/04/26(火) 09:30:52 |
  2. URL |
  3. ジュモン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jumon.blog3.fc2.com/tb.php/108-b911fd39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。