気ままに樹紋

●ジュモン'絵ブログとして、スケッチ主体ではじめましたが、写真も加えることにしました。●画像は拡大(クリック)して見てください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

悲しいカモメ

20050525224112.jpg
相模川河口の、以前渡り鳥中継地だった干潟跡を歩いた。
ワタリガニや桜貝が打ち揚げられる場所を探して歩いた。
汐見台・浜須賀、東海岸、南湖の海岸より、柳島の海岸が魚介類が最も打ち揚げられる場所のような気がしたから。

干からびたカニや大きな魚が流木に混ざっていた。どうやらビンゴ!
後日、日の出前に出直すとして、渡り鳥がぎっしりといた頃を偲んで、初めて来た砂浜を散策した。

時々カモメの集団が頭上を飛ぶ。

砂地に1羽のカモメ。
鶏が卵を抱くような姿勢で、群れから外れてじいっとしているのが珍しく可笑しかったので、ゆうっくり近寄ってみた。
ひとなつっこいのか。
5mまで寄っても、ちょっとだけこちらを意識しただけで、逃げる様子もない。
港や航行する船に集まり、人の手から餌をとるカモメのことだ。5mの距離でビクつくことはないのだろう。

それにしても、うつむいた力ない佇まい。なぜか悲しい目に見える。




画材:水性ボールペン+紫透明水彩絵具
スポンサーサイト
  1. 2005/05/25(水) 23:12:01|
  2. 海辺の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<飛ぶ | ホーム | 今日は時間がないので>>

コメント

かもめで思い出しました。

 昔、学生時代、寮生活を
していたんですね。
三階建ての寮の屋上で
洗濯物を干したり、布団を干したり
していたんですが・・・
あるとき、屋上に出ると、
テグス糸が北から南にピンと伸びた状態で寮の屋上にかかっていたんですね。
南側の屋根のうえを通り越して、
竹林になっているところまで伸びている。引っ張ってみると、
竹がざわざわと動きました。
誰がこんな手の込んだいたずらをしたのかと、思って、はさみを持ってきて、切ると、テグスはひゅーんと
言う音とともに切れて飛んでいきました。
今から考えると、あれは渡り鳥の
足に絡みついたテグスだったのだろうと・・・・
そのテグスが伸びるに任せて
飛んで逃げた渡り鳥は、うちの寮の
うえも飛んで行ってどこかで力尽きて落ちたことでしょう・・・
写真雑誌で、テグスが絡み付いて
ぐしゃぐしゃにつぶれた鳥の足を
見てこのときの事を思い出しました。
元気のない、かもめ君も同じような
目にあったのでは?
  1. 2005/05/26(木) 00:03:05 |
  2. URL |
  3. NAoSA Cocopapa #-
  4. [ 編集]

これには、続きがあります。
  1. 2005/05/26(木) 00:20:23 |
  2. URL |
  3. ジュモン #-
  4. [ 編集]

そこら辺まで
サイクリングしたいです。
  1. 2005/05/26(木) 02:32:35 |
  2. URL |
  3. 羊。 #-
  4. [ 編集]

☆羊さん 平日のひと気が少ない柳島は、ヘンなお兄さん・アブナイお兄さんがいるかもしれないから気をつけよう!
あ。
この日は、デジカメとスケッチブックを持った怪しいおじさんが、折り畳み自転車でうろついてましたよ。
気をつけよう!!
  1. 2005/05/26(木) 04:58:10 |
  2. URL |
  3. ジュモン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jumon.blog3.fc2.com/tb.php/138-b807afd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。