気ままに樹紋

●ジュモン'絵ブログとして、スケッチ主体ではじめましたが、写真も加えることにしました。●画像は拡大(クリック)して見てください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

“青春の門”

駒込駅

あるいは“心の駅”
故郷を出て到着したのは東京駅の10番ホ-ム。しかし改札を出て東京の地に下り立ったのは駒込駅だった。
以来、生活拠点は神奈川県茅ヶ崎市だが、人生の節目に出会った人たちとは、ほとんどが都内を舞台に出会った。
切ない思い、悔しい思い、そうして嬉しい思いも、この駅が感情の出入り口となることが多かった。



エレベーターもエスカレーターも無い駅に、今、名物のツツジの株を取り除いて、改札とホームをバリアフリーにする工事が行われている。それは必要な設備だから歓迎するが、小さく目立たない地味な駅舎のままでいて欲しい。





画材:水性ボールペン+透明水彩絵具
スポンサーサイト
  1. 2005/09/19(月) 23:56:16|
  2. 郷愁…
  3. | コメント:2
<<仕掛けの多い車 | ホーム | タチコマだ!>>

コメント

駒込駅

駒込では下車したことはありません。が、小さく目立たない駅のようですね。
面白い視点から描いていますね。
  1. 2005/09/20(火) 13:22:01 |
  2. URL |
  3. カンジ #-
  4. [ 編集]

カンジさん

長く関わっている駅だから、描いてみようとポイントを探しても、なかなかその気になるところがなかったのですが、大きく視点を変えたらその気になるポイントがありました。
  1. 2005/09/20(火) 16:14:08 |
  2. URL |
  3. ジュモン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。