気ままに樹紋

●ジュモン'絵ブログとして、スケッチ主体ではじめましたが、写真も加えることにしました。●画像は拡大(クリック)して見てください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

続・かたっぽだけの靴の話

爺ちゃんの靴

3月5日エントリーの、頑固一徹爺ちゃんが買ってきた、かたっぽだけの靴の話に、興味を寄せてくれた人に、少しでも正確な靴のイメージをつかんでもらえたらと、母にラフでいいからどんな形だったか描いてくれと頼んだのは春のこと。

60年以上前に母が見た靴。
ようやく秋になって、母が描いてくれたラフスケッチが、母と同居する妹の写メで届いた。

私はこれまで、爺ちゃんが買ったものだから、紳士靴と思い込んでいた。
だが、母のスケッチとメモを見る限り、花飾りやベルト付きのデザインは婦人靴だ。
みんなで代わる代わる履いてみたと言っていたが、母は女だけで8人姉妹だから、興味を持った靴は婦人モノであると、単純に推理するべきだった。
しかし、母の兄弟姉妹は、個性的だし、何より誰より祖父が突き抜けて個性的だったから、伯母達が紳士靴に見惚れて、かたっぽだけの靴を試着したと、私が勘違いするのは仕方ないことでもあるのだ。

母のラフ

母が描いてくれた、このスケッチを元に、色鉛筆をメイン画材に描いてみた。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/02(水) 05:22:39|
  2. 郷愁…
  3. | コメント:2
<<白いカフェ | ホーム | 江ノ島>>

コメント

あ! 赤い靴のきみちゃんが履いてたのに形が似てますね。
その当時は、ヨソユキの履物というよりも、日常からはかけ離れた夢のような存在だったのでしょう。jumonさんの御爺さんが子供達の為に買ってこられた気持ちと、赤い靴の女の子が履かされた背景が、心に浮かんできました。
  1. 2005/11/02(水) 18:29:47 |
  2. URL |
  3. murasaki4649 #YrPo1hyo
  4. [ 編集]

murasakiさん

お気遣い涙~
おふくろも伯母さんも、キミちゃんみたくかわゆい年頃じゃあなかったと、思うべよ。 
  1. 2005/11/03(木) 02:37:52 |
  2. URL |
  3. ジュモン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。