気ままに樹紋

●ジュモン'絵ブログとして、スケッチ主体ではじめましたが、写真も加えることにしました。●画像は拡大(クリック)して見てください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カラス

20050209183203.jpg

曇り気味だが雨は上がった。
カラスが鳴いている。このあたりで見かけるのは、大抵ハシボソガラスだが、家の中で声だけ聴いたところで、嘴の太い細いはわからない。しかし、どれも同じに聴こえる鳶に較べれば、変化に富んだ鳴き方で面白い。そしてうるさい。暗くなっても鳴くから耳に残るのかもしれない。
こどもの頃、ハシブトガラスに脛を2発つつかれた痛い思い出があるにもかかわらず、なぜかカラスは好きな鳥の一種だ。私と同じに好奇心の強い性格や、頭の良さに惹かれる。そして姿が良いと思う。艶のある黒い羽の色も好きだ。

天気のいいある日のこと。海岸を散歩したくなって出かけた。お昼時だったので、海岸近くのコンビニで、おにぎりとお茶を買ってから浜辺に出た。
座わり心地の良さそうな、場所を探しながら歩いていると背後に気配を感じて振り返ったら、ドバトとハシボソガラスが一羽ずつ。ドバトはうろうろしたあげく飛び去って行ったが、カラスはぴたりと動かない。
また前を向き、5~6歩進んでパッと振り返ってみた。カラスが一定の距離を保ってついて来ていたが、私が振り返ると同時に立ち止まり、沖を眺めるポーズを取る。
ははーん。コンビニの袋の中身が目当てだな!
面白いのでこれを4~5回繰り返してから。はっきりとカラスの方を見て、袋の中のおにぎりを食べ、お茶を飲んだ。
カラスはずうっと沖の方を向いていた。
やがて食べ終わったことがはっきりわかるように、大袈裟なしぐさで袋を小さく丸め、コートのポケットに仕舞って見せた。
そうすると、羽ばたいて飛び去って行った。
カラスならではの、思いがけない、“だるまさんが転んだ”がセットの愉快な散歩になった。
下描き:水性ボールペンのあたり
画材:透明水彩絵具
スポンサーサイト
  1. 2005/02/09(水) 19:13:59|
  2. お天気…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ホ ホー | ホーム | 今日は雨の日。>>

コメント

岩手の~~

又三郎だねぇ。
カラスにも愛情をかけたコラムすね。
  1. 2005/02/10(木) 09:35:51 |
  2. URL |
  3. chicoya #-
  4. [ 編集]

  カアー
(●⌒∇⌒●)
  1. 2005/02/10(木) 12:01:01 |
  2. URL |
  3. ジュモン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jumon.blog3.fc2.com/tb.php/30-107e40da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。