気ままに樹紋

●ジュモン'絵ブログとして、スケッチ主体ではじめましたが、写真も加えることにしました。●画像は拡大(クリック)して見てください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

廊下橋

廊下橋

さて、これが荷揚城(別称:府内城or大分城)の西ノ丸と、松栄神社のある山里丸の間にある、堀に架けられた「廊下橋」です。
廊下橋は、彦根城などにもありますが、屋根付きではありません。なぜ屋根や壁があるのか? 矢や弾から身を護るためのようです。
府内城内の建造物で、1番の目玉! 再建されたものですが、ここを渡り歩くと、ああ来て良かったと思えるのです。
廊下の窓から見える、石垣と桜は絵になります。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/08(土) 23:50:19|
  2. 旅の…
  3. | コメント:4
<<呼子(よぶこ) | ホーム | 松栄神社>>

コメント

廊下橋は再建されたものだそうですが、釘を使わないで造りあげる職人さんが、いまだにちゃんといらっしゃるんですね。下はお堀だし、相当な知識が要りそうです。

こういう場所って、歴史に思いを馳せてしっとりと雰囲気に浸るのか、城主になった気分でわくわくするのか、どちらなんでしょうね。
  1. 2006/04/09(日) 01:05:04 |
  2. URL |
  3. murasaki4649 #YrPo1hyo
  4. [ 編集]

murasakiさん

ボクは、思いを馳せる方ですね。日本の男はサムライになりたがりますが、ボクがそう思うことはありません。でも、わくわく、どきどきはするものです。
  1. 2006/04/09(日) 01:15:20 |
  2. URL |
  3. ジュモン #-
  4. [ 編集]

よく

おはようございます。大分の城址公園や、廊下橋のこと、よく調べられていますね~~。地元に住んでいながら、知らないことが沢山あって、ジュモン先生の文章を読んで、なるほど~~と逆に教えて頂きました。廊下橋は少し風流だななんて思っていたくらいでした。そういう屋根つきの理由とか、知りませんでした。桜は4月1日の時もかなり咲いていましたが(城址公園の桜の方がここより少し早いかもしれませんが)、ここの団地の桜は散りながらも9日まで満開で咲いていました。だから桜は約1週間楽しめました。夕べ、今日の雨でもうかなり散っていると思います。
  1. 2006/04/10(月) 08:35:07 |
  2. URL |
  3. 五月雨のホタル #-
  4. [ 編集]

五月雨のホタルさん

廊下橋の壁と屋根については、推測です。と言っても、他の城にある廊下橋の壁と屋根の理由が、まず矢よけ弾よけだから、府内城の廊下橋もそうに違いないと思っただけです。
城祉公園内の文化会館が無かったら、石垣と堀、城壁と櫓、それに桜や廊下橋の構成で、もっと見栄えがいいのになあと思います。でも、あそこに文化会館があるから、いい環境の中で、みんなと会うことができたのだから、感謝はしています。
  1. 2006/04/10(月) 13:51:01 |
  2. URL |
  3. ジュモン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。