気ままに樹紋

●ジュモン'絵ブログとして、スケッチ主体ではじめましたが、写真も加えることにしました。●画像は拡大(クリック)して見てください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

唐津城その2

唐津城

古木・巨木を見ているのは飽きないのだけれど、連れのM氏を待たせっぱなしにはできない。満開の桜に背を向けて、見とれていたヤマモモならぬホルトノキから離れて、天守閣に向かった。


そこは土足のまま入れるミュージアムだった。特に興味深いものは無かったが、驚いたのは、城内のいたる所に、箒と塵取りを携え、マメに掃除をする制服警備員を見かけたことだ。制服や年齢に違いはあるが、まるでTDLだと思った。そう言えばゴミを見なかった。

唐津城の城主は寺沢広高。名護屋城の解体資材などを使って築城したとか。
城は城郭全体や、天守閣そのもののイメージから、鳥になぞらえた別名を持つことが多い。
唐津城は「舞鶴城」。
それはタンチョウなのか、ナベヅルなのか調べてはいないが、天邪鬼ジュモンの目にも、山頂を越え玄界灘に飛び立とうとする鶴に見えた。

ではサッと天守に登って、、、と。
本当にサッと登ってしまえそうな小さな城だから、登る前の下から見上げた天守閣のスケッチを見ていただき、たっぷり溜めを持たせてから、階段を1段1段時間をかけて上がって行くとしますか。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/11(火) 00:47:18|
  2. 旅の…
  3. | コメント:2
<<唐津城その3 | ホーム | テンプレート変更>>

コメント

唐津城

随分かわいいお城のようですね。
それにしてもほうきとちりとりが置いてあるのは面白いですね。普通は掃除用具はかくしておくものと思いますが・・・。
  1. 2006/04/11(火) 23:42:52 |
  2. URL |
  3. カンジ #-
  4. [ 編集]

カンジさん

ガードマンスタイルの濃青の制帽制服おじさんが、箒と塵取りを持って、城の内外で清掃するのを見ました。城には不似合いすぎで、見た展示物よりも思い出します。
  1. 2006/04/12(水) 00:00:04 |
  2. URL |
  3. ジュモン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。