気ままに樹紋

●ジュモン'絵ブログとして、スケッチ主体ではじめましたが、写真も加えることにしました。●画像は拡大(クリック)して見てください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バリアフリーの万里長城?

万里長城

中国には、万里の長城にエスカレーターを設置する計画があるとか。
北京オリンピックに合わせての計画で、長城損壊につながらないか調査をした後の工事と言うが、個人的には長城に限らず、歴史的建造物と近代設備の組み合わせは違和感を覚える。
バリアフリーになれば、見学は楽になる。中国を代表する観光スポットにさらに国外から人が集まってくるだろう。
しかし、「感動」と「興醒め」がセットになる可能性もある。

ボクは旅先で機会があれば、日本の城を見る。
暗い急傾斜の階段梯子を息を切らせて上り、分厚い板張りの床を靴を脱いで歩かされる城は、遠い戦国の世を偲ぶことができるから好きだ。
しかし城の内部に入れば昔の面影すらなく、エレベーターで楽々天守に登れる城がある。床はコンクリートやフローリングで、靴のままで見学が出来る。
そういう城は、遠くから外観を見るにとどめ、内部の想像をするのも控えめにしている。
山城を目指す場合も、ケーブルカーやロープウエイがあっても乗らず、歩いて登下山する。しんどいが、それが昔流であり、同じ道を歩いたに違いない武将を想像できるのだ。
想像力を刺激しない史跡に魅力はない。

ボクのような考えは少数派かもしれない。
調査結果で長城損壊の恐れがないとわかれば、今勢いのある国だから、おそらくエスカレーターを設置するだろう。

将来中国に行く機会があったら、エスカレーターを利用せず長城を見たい。



え。えーっ!? 勘違いだと??。障害者用のエスカレーターだって。障害者専用!? だったら微妙だけど話は違ってくる。
どう巧く設計したって、エスカレーターが紀元前の建造物に調和するはずがないが、自分の身内が、世界遺産万里の長城を何としても見たいと願う障害者だったら、エスカレーターがあるのを感謝するかもしれない。

自分を中心に考えることと、大切な人を中心に考えるのとでは、信念も意志もあやふやになってしまう。
一本通った人間に、いつなれることやら。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/12(金) 05:44:19|
  2. いろいろ…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<タイトルなし | ホーム | 一昨日の色つき>>

コメント

果たして中国はホントにその為に作るのかしらねぇ。
  1. 2006/05/13(土) 20:22:11 |
  2. URL |
  3. chicoya #-
  4. [ 編集]

サー、どうでしょうかねぇchicoyaさん

ボクも遠慮がちに、気を遣って書いたのさぁ。
  1. 2006/05/13(土) 21:34:08 |
  2. URL |
  3. ジュモン #-
  4. [ 編集]

絵はいいねぇv-218
  1. 2006/05/15(月) 10:18:16 |
  2. URL |
  3. chicoya #-
  4. [ 編集]

ども

(*´`*)ゞ
  1. 2006/05/15(月) 10:21:08 |
  2. URL |
  3. ジュモン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jumon.blog3.fc2.com/tb.php/386-1a6ce37e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。