気ままに樹紋

●ジュモン'絵ブログとして、スケッチ主体ではじめましたが、写真も加えることにしました。●画像は拡大(クリック)して見てください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

W杯サッカーが終わって

次郎長

大会中放送を中断していたNHK時代劇を観ている。
最近観なくなった時代劇だが、ふとしたことから「次郎長 背負い富士」というのを何とはなしに観ている。


ドキドキもハラハラもしないのは、あらかた承知の筋だからか、そういう作りなのか、深く考えることもなく、それでも欠かさず観ているのは単純に面白いからだ。

原作は山本一力の「背負い富士」
ちょっとイメージではない東北訛りの中村雅俊の次郎長と、その恋女房役は田中美里。石松を山本太郎が演じている。
それぞれがテレビドラマっぽいそれなりの演技だから、演技にしびれているのでもない。面白いと感じているのは、ジェームス三木の脚本にあるようだ。
面白いドラマだと思ったら脚本を書いたのが誰か注意するのだが、ジェームス三木だったという場合が多い。
おそらく後半はもっと面白くなるに違いないと、先の期待も手伝って観続けているのだが、それは、進行中のドラマの次郎長年齢に合わない老けた中村雅俊が演じているからだ。
映画ドラマで見せてくれる清水の次郎長は、勢いのある若い時分であることが多い。後半では中村雅俊の年頃が活きてくる構成のはず。と。期待があるから、今は多少の無理が見えても堪えながら観ていると言う訳だ。

こんな風にテレビのドラマやスポーツを描いてみるのも面白いかな。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/13(木) 23:32:29|
  2. いろいろ…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<夏来れば行きたくなるなる阿波踊り | ホーム | 国 歌>>

コメント

出来れば美里ちゃんをv-25もっと描いてちょ。
  1. 2006/07/15(土) 10:48:21 |
  2. URL |
  3. chicoya #-
  4. [ 編集]

chicoyaさん

へ~い。
じゃあ、少しした描きして描くかな。
  1. 2006/07/15(土) 14:10:10 |
  2. URL |
  3. ジュモン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jumon.blog3.fc2.com/tb.php/413-6b38a061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。