気ままに樹紋

●ジュモン'絵ブログとして、スケッチ主体ではじめましたが、写真も加えることにしました。●画像は拡大(クリック)して見てください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

待ちは長く食べるは速し



0428b.jpg

0428c.jpg
0428.jpg

あっと言う間に食べてしまったざる蕎麦。
写真も撮らずもちろん描かずじまいだ。
扇面形の陶の器に合わせて、扇面形のスノコ。
その上に絶品の更科蕎麦が盛られていた。
湯飲みは好きなものを選べるように、盆にとりどりに盛り付けるように供えられていたが、どの器も見事だが、それはここのオーナーが、大物陶芸家「則松金蔵」氏であるから。
氏の手になる器で、氏がプロデュースする家で食べる蕎麦。
則松氏が客人をもてなすために自ら打って出した蕎麦があまりにも評判のために、この八木山で「そば処 遼雲」を開業したとのこと。
この母屋のもっと上の方に窯と工房があり、ここへ来る途中に作務衣の気さくなおじさんから声をかけられたのだが、それが則松金蔵氏だった。




蕎麦を食べ終わって席を立とうとしたら、
「そばの芽ジュース」のメニューがあるのに気づいた。
母も妹も、飲みたいというから、食券を買いに行ったら券売機にはメニューがなかった。
直接仲居さんに頼むと、今なら客が少ないから出してくれると言う。客が多いとダメ。つまり裏のそば畑に行ってそばの芽を摘んですぐさまジュースにすると。3人だと15分かかると。
待ちましょう待ちましょう。

15分。またゆっくりと待つことを楽しむ。
頭上にはぐるりと作り付けの松材の棚があり、様々な書籍が並んでいる。人によりこれを読書してゆったりと待つのである。
窓の外は緑。細い谷川が流れる。
秋に来ると美しいだろう。

しかし、この素晴らしいそばと器。これを生み出す才人が、あの看板を・・・
いつか聞いてみたい。
機会があれば本人に。
スポンサーサイト
  1. 2006/09/21(木) 23:59:11|
  2. 郷愁…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<はじめての味 | ホーム | 蕎麦待ちのいっ時>>

コメント

ジュモンさ~ん

ぽわ~~ん♪
一杯のお蕎麦とは言え、これほどの贅沢は、なかなかお目にかかれませんね。
妹さんに感謝です。
蕎麦芽のジュースは、どんなお味だったんでしょう?
続きが楽しみ♪

それにしても、着色で素晴らしい林に・・分かりやすい。
勉強になりあす!
ジュモン先生ありがとうございます。
しかし、このようにサラサラと描けない・・。。いつか。。。きっと。。。?
  1. 2006/09/22(金) 01:28:51 |
  2. URL |
  3. ピノコ #-
  4. [ 編集]

ピノコさん

妹に感謝です。
妹をそこに連れて行った人にも感謝です。
ボクのブログを見てくれている人にも感謝です。

絵は人のことはほっといて、楽しんで描くのが一番大事~
透明水彩で書き始めたのは昨年1月からで、我流ですよ。我流だからこそ専門的に勉強した人たちには無い描きかたも出来ると思っています。
だからピノコさんもたくさん描きましょう!
  1. 2006/09/22(金) 02:30:49 |
  2. URL |
  3. ジュモン #-
  4. [ 編集]

器やお蕎麦もみてみたい!って思ってしまいました。
林すごくすてき!!幹の茶色が加わると、緑がぐっとやさしい色になるんですね。
わたしの家は車が一台通れる程の山道の途中にあります。
いつも見慣れてる林に似てます。ほっとする絵です!
野生の動物が顔をのぞかせそうですね。
  1. 2006/09/22(金) 20:57:25 |
  2. URL |
  3. sachi #-
  4. [ 編集]

先生、とても勉強になりますぅ。
ふむふむ、まずは葉の緑をぬるのですね。
そして後から木の茶色なのですね。

器すごく見てみたいです!
大好きなんですよ~
デパートに行ったら必ず行くところが食器売り場。1時間はそのフロアにいます。
高くてなかなか買えないので見て楽しんでます(^O^;)
また、小石原の陶器市や、有田の陶器市によく行ってます。
  1. 2006/09/23(土) 00:47:05 |
  2. URL |
  3. YOH #-
  4. [ 編集]

sachiさん

里に近いところだから何かいるかもね。狸とか。野うさぎとか。
sachiさんちの前は猫バスとか通んないの?
  1. 2006/09/23(土) 02:09:04 |
  2. URL |
  3. ジュモン #-
  4. [ 編集]

YOHさん

かなりな陶器好きなんだね。
じゃあ、則松金蔵さんの器は気に入るかもね。
警固にある「NORIKIN」も則松さんの店で、やはり本人が焼いた器で料理出してるそうな。

木の幹枝は、黒とグレーを主体に、少しだけ、グリーンやブルーを加えておりまする。
  1. 2006/09/23(土) 02:15:19 |
  2. URL |
  3. ジュモン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jumon.blog3.fc2.com/tb.php/445-e0da8f59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。