気ままに樹紋

●ジュモン'絵ブログとして、スケッチ主体ではじめましたが、写真も加えることにしました。●画像は拡大(クリック)して見てください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

うまいものは心満たす



遼雲。
目で、感触で、味でもてなし送り出されて、暖簾をあとにすると、来るときの流れでは見落とした、小さな陶像が足を止めさせた。
苔た石臼の上に鎮座する高さ20センチ程度の一見大黒様らしき像。その膝元には石臼からこぼれ落ちそうに小銭が積まれていた。状況からして賽銭としての小銭には見えず、満たされた感謝の還元。人々の願掛けの対象とは無縁の小銭に見えた。


今回は狛犬の絵と同様に、水彩色鉛筆でタッチの後に透明水彩絵の具で描いた。なお乾いてからペンで簡単にメリハリを加えた点が狛犬との違い。
スポンサーサイト
  1. 2006/09/23(土) 21:54:56|
  2. 郷愁…
  3. | コメント:2
<<あとひき満足感 | ホーム | はじめての味>>

コメント

大黒様には小銭をプレゼント~、狸にはお足を取られ~(~Q~)ほろ酔いで帰る蕎麦屋かな(*^o^*)
  1. 2006/09/24(日) 09:21:19 |
  2. URL |
  3. chicoya #-
  4. [ 編集]

chicoyaさん

一晩~現在、意味を考え中~v-267e-120
  1. 2006/09/24(日) 17:25:24 |
  2. URL |
  3. ジュモン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。