気ままに樹紋

●ジュモン'絵ブログとして、スケッチ主体ではじめましたが、写真も加えることにしました。●画像は拡大(クリック)して見てください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋の遼雲~7

0482.jpg

さてその、珍妙な木彫りの大トリがドアボーイの、カフェ&ブティック「Zeu」に初入店。

“そば御前”の食券の半券を持って、ここに立ち寄ればコーヒーが飲めるのだ。コーヒー好きには嬉しい演出である。
だがしかし、それは期待はずれだった。

本格的に煎れたコーヒーではなかった。
まあ、やむをえないかと、そそくさと店を出た。
せっかく美味しいそばを食べて興ざめするくらいなら、今後は半券は活かさないことにしよう。
ただ、カップ&ソーサーは、コーヒーのことは忘れさせるおもしろいデザインと土肌で楽しめた。
ぐにゃぐにゃボコボコのカップ。とりあえずカップが置ける程度に平らな部分を残し、後は拠れたり反れたりのお皿。
はじめて見る形だった。
でももしかしたら、この肉厚のカップが唇に触れたときの感触も、コーヒーの味を左右する一因になっているのかもしれない。
カリッとした熱さのモカが好みで、モカは厚みのない白いカップが良く合うと個人的に思っている。
ただ、自分の好みに合っていないだけのことかもしれない。

見て楽しみ、口にあてて美味しさを感じる器。
やはり作陶の世界は簡単には答えが出ない難しいものなのだろう。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/13(水) 23:55:12|
  2. 味の…
  3. | コメント:4
<<昨夜は四谷区民ホールに | ホーム | 秋の遼雲~6>>

コメント

このカップ&ソーサーのデザインすごくかわいいですね!
スプーンもおそろいですか?
  1. 2006/12/14(木) 00:49:21 |
  2. URL |
  3. YOH #-
  4. [ 編集]

★YOHさん
デザインはおもしろいよ。
素朴な風合いが素敵ですよ。
そういう意味では案外、朝、これで味噌スープでトーストなんていいかも。

スプーンは木を削ったものです。
  1. 2006/12/14(木) 00:58:39 |
  2. URL |
  3. ジュモン #-
  4. [ 編集]

陶芸で自然なゆがみを出そうと思うと、ど~うしてもわざとらしくなります。
絵も陶芸もまず大事なのは基礎なのでしょうか。
こういう優しい感じの作品を作れるようになりたいです・・・!
  1. 2006/12/14(木) 23:30:35 |
  2. URL |
  3. sachi #-
  4. [ 編集]

★sachiさん
事務的。マニュアル通り。
仕事をしていて奮い立たないのは、そんな人が担当者のとき。というのは、ボクの場合よくある話でね。
遊び心のある人との仕事は楽しいし、遊び心のある人の作品はやっぱりいいな~と思う。
則松金蔵氏の魅力はそんなところにあるのかもしれない。
遼雲は、部屋ごとに用意されてる湯飲みの形が違うんだよ。
  1. 2006/12/15(金) 02:26:07 |
  2. URL |
  3. ジュモン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。