気ままに樹紋

●ジュモン'絵ブログとして、スケッチ主体ではじめましたが、写真も加えることにしました。●画像は拡大(クリック)して見てください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

神戸三ノ宮の御老公


賢い鳥として知られるカラスだが、
数々の驚きの所業を別にしても、あの騒々しい鳴き声に、何と人の声に似ていることかと、
感心させられたり、ときに苦笑・爆笑のことがある。

一昨日、神戸元町から三ノ宮目指して歩いていたら、高らかに笑う声が点から響いた。
きょろきょろ見上げたら、天というにはまだ下界のうちの電線に、一羽のカラスが、
カッカッカッカッ・・・と鳴く姿があった。
思わずつられて笑った。
もっとも、カラスは笑っているのではなく、鳴いているだけ。
でもすごくおかしかった。
TBSの長寿時代劇「水戸黄門」の、初代黄門様“東野 英治郎”ばりの、いわゆる“黄門様笑い”に
そっくりに鳴くカラスだったのだ。

我が家の近所でも、アイツだなと、識別できる鳴きのカラスがいる。
日本人の声はだいたい甲高いから、カラスとよく似ていると思うことが結構ある。
スポンサーサイト
  1. 2009/03/12(木) 01:44:35|
  2. いきもの…
  3. | コメント:0
<<がまぐちバッグ | ホーム | そうだ 京都行ってきたよ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。