気ままに樹紋

●ジュモン'絵ブログとして、スケッチ主体ではじめましたが、写真も加えることにしました。●画像は拡大(クリック)して見てください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宮崎市内のラーメン店

20050329173957.jpg
以前は旅先でラーメンを食べることは、ほとんどなかった。福岡に帰ったときに食べるくらいだった。
18で神奈川に住んで以来、口癖のように溜息混じりに言ったことは「いなかに帰ってラーメンを食べたい」

細麺とんこつ以外は、ラーメンに似た麺類と考えていた。それにもっとその土地ならではの食にふれたくて、好物でありながらラーメン店を探すことは無かった。

最近(1、2年前から)友だちのchicoさんの影響で、地方に行ってもラーメンを食べるようになった。

今月半ばに2泊した広島では、3食した。

先日1泊の鹿児島では、ネットで調べた「我流風(がるふ)」と、偶然見つけた「岩岩(がんがん)」で食べた。
2泊の宮崎では、やはりネットで調べた「我楽路(わらじ)」で、空港に向かう前に食べた。もう1軒。このスケッチの近くのボンベルタ橘西館地階の「一心不乱」という店をリストアップしていたのだが、店の営業日とこちらのスケジュールが合わず、行けなかった。
鹿児島・宮崎のラーメンは、食べた限りで言えば、好みではなかった。
なんと言ってももやしが多すぎた。もやし好きにはたまらないだろうが、もやしの匂いが勝り、ラーメンの食感を楽しみたいのに、もやしのしゃきしゃき感に麺の歯ごたえが消されて、個人的にはNG。麺が茹ですぎだったからなおのこと、もやしを食った!の感が強い。
かんすいも多目だから、小麦のうま味が足りない。

食べた中では「我流風」が一番うまかった。桜島を逆さにした形の丼はスープを最後までレンゲですくえるグッドアイデアだ!
鹿児島・宮崎ともにお新香がついてきたが、それが定番らしかった。博多でも高菜漬けや紅しょうがをトッピングする必要のないスープが好みで、強い風味を放つ海苔のトッピングすら敬遠する私にはお新香は無用。今度行く事あれば事前に断ろう。

満足も物足りなさも、旅のメリハリの一つだから、なんだかんだと言いながら楽しんでいる“樹紋”なのでありました。


下描き:水性ボールペンのあたり
画材:透明水彩絵具
スポンサーサイト
  1. 2005/03/29(火) 18:22:20|
  2. 味の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<花の名を | ホーム | 雨続きの宮崎>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jumon.blog3.fc2.com/tb.php/80-d7ef919c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。