気ままに樹紋

●ジュモン'絵ブログとして、スケッチ主体ではじめましたが、写真も加えることにしました。●画像は拡大(クリック)して見てください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

空蝉

浜辺

浜辺を歩くと、波の忘れ物が散らばっている。
蟹、ヒトデ、水鳥などが、押し寄せる波、引き行く波模様の名残をとどめた形で、砂にまみれ、むくろとなっている。

息絶えたものたちに、我が身を置き換えて見る癖があり、海草に絡まり精気の失せた魚に、自分でなかった運を見出して安堵するのだ。

水際は生死の境界線。波の痕を辿れば、無限のドラマを見ることが出来る。
  1. 2006/06/12(月) 18:25:11|
  2. 海辺の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

朝の浜辺でこどもの日

貝殻

日の出1時間前に、ポケットに缶ビールを突っ込んで、自転車で海岸に出た。
明るくなりかけていたが、ライト点灯で出発。浜に出たときはあっという間に視界良好になっていた。
今年初の日の出を見た。今の時期は太陽が内陸部から昇るので、絵にならないことと、気温が暑からず寒からずなので、日の出を見ても感動が薄い。

すでにサーフィンをしている人。磯釣りをしている人。散歩にジョギング、犬連れの人がいる。
貝殻を見つけに来たボクは、7キロの茅ヶ崎海岸線を、自転車でポイントを探してサイクリングロードを移動し、数箇所で波打ち際を歩いてみた。
朝の波打ち際は、いろいろなものが打ちあがっている。
ヒトデやフグ。1メートルを超えるカマス。海草とゴミとクラゲ。いろいろなものが集まっているから、海鳥や鳩の群れが、ボクの動きをうかがいながら、打ち寄せる波に右往左往しつつ食餌していた。
波打ち際に鳥達の足跡模様が加わる。

[朝の浜辺でこどもの日]の続きを読む
  1. 2006/05/05(金) 23:42:37|
  2. 海辺の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

クロ

ブラック集団

茅ヶ崎海岸にぽつぽつと点在するクロ。クロ。クロ。
サーファーのクロ。
カラスのクロ。
どちらも、目的は違えど、ジッと待ちの姿勢と黒装束が共通点だ。
待つものが来たら、一斉に飛び立つところも共通している。
  1. 2005/11/18(金) 23:48:41|
  2. 海辺の…
  3. | コメント:4

江ノ島港

うみかぜ

引き地川や境川の河口付近には釣り人が多いと書いたが、岩場や灯台のある堤防なども、岩礁にアシカが群れているように、釣りを楽しむ人が張りついている。江ノ島港の桟橋にも釣り人がいたはずだが、探してみると、拡張されたヨットハーバーとともに桟橋は消えていた。
県営駐車場は、暴走族の溜り場になっていたから、おそらくそこも姿を変えたのだろう。島全体がきれいになっていくのはいいが、昔の風情がどんどん消えていくのは淋しい。
昔、と言えば(記憶が正しければ)伊豆大島航路の水中翼船乗り場だった所
に、海上保安庁の艦船が停泊していた。
ヨットかクルーザーばかりのハーバーと思っている所に、海保の船があると、なぜか「おや?」と思ってしまう。
自分の中の観念と違いがあると、戸惑ったり違和感を覚えるのは、柔軟性が不足している証拠だ。
最近、決まりきった範囲でパターン的に行動しているかもしれない。
とりあえず、反省だけしておこう。
  1. 2005/11/17(木) 23:54:14|
  2. 海辺の…
  3. | コメント:2

境川河口

境川河口

江ノ島をスケッチした場所の右側数メートル先には、境川河口があり、堤防には釣り糸をたれる人たちが並び、その目と鼻の先を、乗り合い船が行き交っている。
乗り合い船といっても渡しではなく、遊覧船であるが、芦ノ湖に浮かぶような大きさではない。
江ノ島を中心に船で観光しても、さほどめぼしい観光スポットはないと思うが、結構発着を繰り返していた。海側から陸地を見る体験だけでも、新鮮なのかもしれない。
[境川河口]の続きを読む
  1. 2005/11/16(水) 04:21:39|
  2. 海辺の…
  3. | コメント:0

江ノ島近景



江ノ島へは、38年前に茅ヶ崎から歩いて行ったことがあったが、それ以外は車でしか行ったことがなかった。
今度ははじめて自転車で橋を渡ったわけだが、昔はもっと屋台が並んでいる橋だった。さらに橋下に下りたのもはじめてだから、その橋も入れてもう1枚、、、
江ノ島の施設にはあまり興味がなく、さらに温泉や風呂に興味はない方なのだが、岩本楼の岩風呂には昔から入ってみたいと思っていた。洞窟の雰囲気と巧みな照明がいかにも楽しそうだから。
誤解のないように。家では毎日入っていますよ。お風呂に。
  1. 2005/11/15(火) 02:03:36|
  2. 海辺の…
  3. | コメント:5

江ノ島

江ノ島

茅ヶ崎の南は相模湾。
西は伊豆・箱根が霞み、東は江ノ島・鎌倉・三浦の半島が霞む。
おっと。江ノ島は霞むほどじゃない。サイクリングロードを歩いても、1時間半ちょっとあれば、辿りつける距離だ。
茅ヶ崎海岸から見る初日の出は、灯台の明かりに代わって江ノ島から昇っていく。

初日の出まで、もう間もない時期になった。

年を重ねるほど、1年は早い。
しかしそれでも、金色の日の出を見るのは楽しみにしている。
  1. 2005/11/01(火) 11:20:34|
  2. 海辺の…
  3. | コメント:5

秋の海岸

サイクリングロード

平日日中は、人影もまばら。
夕方になれば、勤めから帰った人の散歩や犬を遊ばせる姿も加わり、もう少しにぎやかになるが、静かな海の風景の方が好きだ。
茅ヶ崎から平塚~伊豆方面の景色は、今からが美しい。
夕焼けが鮮やかになり、富士山の影に日が沈む光景は本当に絵になる。
2年に1度くらいしか足を運ばなかった海岸に、今年は何度もやって来た。昨年末から始めたブログがきっかけで、春夏秋冬の海岸と知り合いになれた。
  1. 2005/10/31(月) 22:06:28|
  2. 海辺の…
  3. | コメント:2

役立たずがいい!

拡声器

数えたことはないが、海辺のサイクリングロード沿いには、高い鉄柱が一定の間隔で建っている。
鉄柱の天辺には、四方に向けて拡声器が取り付けられている。
海辺にいると、必ず誰の視界にも入る物体だが、視覚を刺激することはない。
[役立たずがいい!]の続きを読む
  1. 2005/10/29(土) 01:45:25|
  2. 海辺の…
  3. | コメント:8

波静かのテトラポット

テトラポット

漁港内は穏やかな海面でも、港内から出ると波立っていることが多い。
漁港の岸壁には釣りをする人たちがいる。
小学生もいれば若い女性グループもいる。
岸壁からの釣りは波に注意しなければならないが、波静かなときは、テトラポットに登り、中には波打ち際まで立ち入って釣り糸を垂れる人がいる。
足場としてはよくないテトラポット。濡れれば岩以上に滑りやすく危険であることを知りながら立ち入っているのだろうが、間違えば人を迷惑に巻き込むのだ。
[波静かのテトラポット]の続きを読む
  1. 2005/10/16(日) 23:09:26|
  2. 海辺の…
  3. | コメント:4

舫い綱(もやいづな)

艫綱

漁港には、絵を描く興味の対象が多い。
まず漁船に目が行くが、それ以外にも面白いものがある。
ロープの結び目なども結構面白いと思う。
そのロープが束になっていると、これはもう描くしかないという気になる。

舫い綱を描いてみた。
でもこれは、ヘタに触らない方がいい。
[舫い綱(もやいづな)]の続きを読む
  1. 2005/10/15(土) 21:39:16|
  2. 海辺の…
  3. | コメント:2

飛ぶ

20050526042857.jpg
カモメが驚かないように、そーっと離れることにした。
それでも刺激してしまったのか。

カモメは立ちあがり、大きく翼を広げた。

[飛ぶ]の続きを読む
  1. 2005/05/26(木) 04:50:32|
  2. 海辺の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

悲しいカモメ

20050525224112.jpg
相模川河口の、以前渡り鳥中継地だった干潟跡を歩いた。
ワタリガニや桜貝が打ち揚げられる場所を探して歩いた。
汐見台・浜須賀、東海岸、南湖の海岸より、柳島の海岸が魚介類が最も打ち揚げられる場所のような気がしたから。

干からびたカニや大きな魚が流木に混ざっていた。どうやらビンゴ!
後日、日の出前に出直すとして、渡り鳥がぎっしりといた頃を偲んで、初めて来た砂浜を散策した。
[悲しいカモメ]の続きを読む
  1. 2005/05/25(水) 23:12:01|
  2. 海辺の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。