気ままに樹紋

●ジュモン'絵ブログとして、スケッチ主体ではじめましたが、写真も加えることにしました。●画像は拡大(クリック)して見てください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中吊りにつられて



と、駄洒落てみたいところだが、つられたのは中吊りポスターにではなく、額面ポスターにである。

『“銀座千疋屋のマンゴ” ぁあ~そのままいただきたいところをぐっとがまんして 銀座カクテル「マンゴ」 サントリーから』
『老舗フルーツ専門店「銀座千疋屋」とのコラボレーションにより実現した、果実を極めたプレミアム・カクテルです」』
などのキャッチコピーでコンビニに誘導され、買ってしまったサントリーのアルミ缶入り「カクテルマンゴ」。

あ~まい。トロ~リ。
マンゴ好きには堪えられないものなのか?
ボクには、アルコールっ気も飛ぶくどい味に感じて、たいそうなコピーにつられた自分が恥ずかしかった。

だけど、千疋屋といえば“メロン”
「銀座カクテル “メロン”」を試してみようか・・・

こうして後悔を繰り返すのだ。


“額面ポスター”電車内の窓上のフレームに収まっているポスター。   
  1. 2006/10/23(月) 12:39:22|
  2. 味の…
  3. | コメント:14

wasabi

外食はあまりしない。
外での昼食はさらにない。

昨日は珍しく、カミさんと藤沢で食べた。
日本中で見かける「北前そば・高田屋」で、海鮮丼とざるそばのセットを食べたのだったが、さらに珍しいことをした。
海鮮丼にはチューブから絞り出したような山葵の小皿がついていたが、もう1つ、そば用には、ナマわさびがおろし金と共に添えられていた。
ナマわさびの風味が効いてうまいそばだった。

ナマわさびを全部おろしきって使わなかったので、カミさんとボク。2人分のわさびがおろし金の上に残った。
残して帰るのが惜しかったので、ナプキンにくるんでバッグに押し込んでテイクアウトしてきた。

あれから34時間経った今、そのことを思い出した。
どういう扱いを受けてるのだろうか?
あとで見てこよう。
  1. 2006/07/21(金) 21:44:20|
  2. 味の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マヨタコメンバーズカード

春先にカミさんと行った、広島風お好み焼き「杏庵」に今夕席をゲットし、前回品切れで食べ損ねた「マヨタコ」を食べて来た。
半月ほど前にも、カミさんがタコ焼きを食べたいと言うので、チャリ漕いで行った事がある。ところが臨時休業でやはり食べ損なった。

今日は、食べずに帰らない決意で、行ったのだった。
しっかりとマヨタコ(タレにマヨネーズ入り)と、マヨ抜きタコにありついて、熱々を頬張りながら生ビールをぐびぐびと・・・
ほい。すっかり忘れていた。
マヨタコを注文できたら、写真撮って、帰宅して描きブログにアップ!の予定だったのに、食っちまった~。
だから今日は画像抜き・・・ [マヨタコメンバーズカード]の続きを読む
  1. 2006/05/04(木) 23:59:32|
  2. 味の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

garden eel

14日金曜の夜。友人と終電まで飲んだ駒込“岩泉”。
千鳥足の友人と別れるのは、山手線西日暮里駅。
お定まりのコースだが、ちょいと特別のコースかな。
走り出した電車に、プラットホームから手を振る彼の目線は、まったく別の車両の窓に向かっていた。最近傷めた腰をかばって立つ姿と、見当違いに手を振るその残像が車窓にしばらく残り、疲れ顔の乗客の中で、一人ニタつく自分がまたおかしかった。

[鍵]の続きを読む
  1. 2006/04/16(日) 23:20:10|
  2. 味の…
  3. | コメント:6

花見の時期に・・・

蟹唐揚げ

恒例、六義園のライトアップ枝垂桜を愛でたあと、岩泉で酒宴なりは、3月31日に決定。
ふぅぅ。
その日はすでに大分市に飛んでいる。
仲間との年に1回のイベントを抜かせば、さらに1年後を待たなければなりません。
残念!
ぇ?
他にも、年に1回のイベントが数あるじゃないかと申されましたか?
わかってはおられませぬな!

[花見の時期に・・・]の続きを読む
  1. 2006/03/25(土) 23:56:57|
  2. 味の…
  3. | コメント:2

熱湯3分の美味

養

テレビ画面に、冷やし中華登場。
まださすがに時期尚早の感ありですが、たとえ盛夏になっても、ボクがこれを自ら食べることはありません。
夏に食べる冷製の麺類は「冷やしそう麺」がメインで、極まれに「ざるそば」「ざるうどん」を選び、そうめんに似た「冷麦」は食べません。
盛夏でも、熱々のラーメンを食べるボクですから、熱々のそうめんも好物です。

先日、お向かいさんから熱湯3分でおいしく食べられる、袋物インスタントの煮ぞう麺をいただきました。お向かいさんも、知人からのいただき物とのことで、食べるとそのおいしさにはまり、今では取り寄せて食べているそうです。---以上カミさん情報
早速食べてみると、これが実に♪おいし~い(おかむら○かし調の叫び)
長崎の“雲仙きのこ本舗”の製品で「養々麺」という、きのこ入りの、スープが絶妙で、そうめん特有の細く腰のある麺は感動モノ!

[熱湯3分の美味]の続きを読む
  1. 2006/03/22(水) 22:15:54|
  2. 味の…
  3. | コメント:4

広島風お好み焼きにトライ

お好み焼き

見た目はおいしそう。しかしいかにも甘そう。
広島風お好み焼きの印象です。
数年前の松江で、客でごった返す人気店らしいところで「広島風」お好み焼きを初めて食べました。
甘くて食べきることができませんでした。
後に広島に行くことがあり、本場で食すことを考えましたが、地元の人に尋ねると、広島風は甘口だと教えられやめました。

お好み焼き自体は好きで、家では時々食べます。
おそらく我が家のお好み焼きのほうが旨い!というより、当然自分の口に合うと思います。


[広島風お好み焼きにトライ]の続きを読む
  1. 2006/03/12(日) 18:40:19|
  2. 味の…
  3. | コメント:9

ランチは学食

東洋大

きのうは東洋大白山キャンパスの学食でお昼を食べた。
いくつかある同キャンパスの学食だが、これまで昼食に行った4度全て、6号館地下1階の学食で、内3度はペッパーランチのメニューを選択。鉄板の上でジュウジュウ音を立てるペッパーライスや角切りステーキが、寒さを吹き飛ばし、とても美味しい。値段もかなり安い。それでボリュームもある。
外食は苦手で、人がたくさんいるところも苦手だが、ココにはこの先も何度も足を運ぶことになるだろう。

この絵にある、煉瓦の階段を歩く学生は、ほとんどいない。キャンパスの出入りは、左のコンクリート壁の向こう側のスロープを歩くものがほとんどだが、噴水回りから、噴水池に注ぎ込む流れに沿っても、電飾のコードがセットされていて、夜には木々や水辺をイルミネーションが飾っているのだろうが、真っ昼間にしか行かない私には縁の無い仕掛けだ。
  1. 2005/12/07(水) 18:33:30|
  2. 味の…
  3. | コメント:2

福岡の味

gomasaba

“おふくろの味”があるように、故郷の味がある。
いなかから出てきた当初は、ラーメンを食べに福岡に帰りたいと、口にすることがあった。東京でラーメンといえば、どこを見ても暖簾看板は“どさんこラーメン”といえるほど、北海道系ラーメンが全盛だった。
博多とは対極のラーメンはなじめなかったのだ。
今はもう、博多以外の九州系ラーメン店も首都圏に進出して、ほぼ地元の味のラーメンを、帰郷せずとも食べられるようになり、ラーメンを食べに帰りたいと、口にすることはなくなった。

まだ、いなかに帰って食べたいと言い続けているものに、“ゴマサバの刺身”“ゴマサバの茶漬け”がある。
関東では、マサバより格下扱いのゴマサバだが、安心して生で食せない鯖は生唾対象ではない。関サバやそれより高価で旨いといわれる金色に輝く松輪サバは、庶民の味ではない。
手ごろに食べられて、絶品の茶漬けや刺身が普通に食べられる福岡に、日帰りでもいいから、帰りたい。
  1. 2005/12/05(月) 22:23:59|
  2. 味の…
  3. | コメント:6

フランスパン

Aux Belles Miches

小学生のとき、給食の主食はコッペパンだった。たまに食パン2枚だったり。だがいずれにせよ、私が好んだのは、表のパリパリ感やカリッとした食感だった。
それは今でも変わらず、好みナンバー1は“クロワッサン”
しかし、1番食べるパンはフランスパンで、現在、フランスパンを買う店はイラストの、茅ヶ崎松が丘の“スーパークラウン”内クラウンベーカリーの“Aux Belles Miches(オーベルミッシュ)”に限っている。
フランスパンの神様フィリップ・ビゴ直伝のパンは、添加物、軟化剤を使用していないから、インパクトのある味ではないが、安心感と言う最高の味わいがあり、飽きずに食べられるパンなのだ。
と言うわけで、松が丘のクラウンに出かけるときは、パンを買うのが目的のときに限られる。
[フランスパン]の続きを読む
  1. 2005/10/30(日) 03:10:35|
  2. 味の…
  3. | コメント:7

居酒屋

岩泉

駒込駅の東口を利用するとき、居酒屋「岩泉」で呑むのが目的の大半を占める。
友人のchicoyaくんが見つけた、夫婦でやっている店で、活きのいい魚を料理してくれるが、我々はまず刺盛を注文する。ここの刺身は絶品なのだ。漁港の町に旅することもあるが、東京駒込「岩泉」で味わう刺身を上回ることはまず無い。
旬の魚を楽しむだけではない。腕の立つ板前のオヤジに、客を大事にする女将。夫婦の人柄も、この店の魅力だ。
[居酒屋]の続きを読む
  1. 2005/10/10(月) 23:58:11|
  2. 味の…
  3. | コメント:8

かき氷有名店

かき氷
携帯のアドレス帳にも地図付で登録している。
国内では数少ない、天然氷を製造しているところで、かき氷も食べさせてくれる。
それがなんともまろやかな、氷って、こんなに美味しいものだったか?と多くの人が驚く味とか。
夏の暑いときは、少し粗めに削り、涼しいときは雪のようにふんわりと削って出す、食感にも思いを込めて出してくれるそうだ。
[かき氷有名店]の続きを読む
  1. 2005/08/19(金) 23:31:04|
  2. 味の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真桑瓜

真桑瓜
夏のおやつには、真桑瓜も欠かせなかった。最も有名な産地「真桑」がその名の由来というのは、今日調べてやっと知った。

マクワウリも西瓜やトマトのように、冷水につけて冷やすとうまかった。食べづらいのは種のあたりだが、1番甘いのも種のある中心部分だから、種ごと口に含んで、甘い果汁を絞るようにすすってから、ペッペッと種を吹き飛ばして食べる。
だから、家の外で食べる方が好きだった。
[真桑瓜]の続きを読む
  1. 2005/07/21(木) 23:28:46|
  2. 味の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏のおやつ

トマト
先日。西瓜に触れてエントリーしたが、昭和の真夏は、冷やしたトマトがおやつだったり、食卓の一品として並んだものだった。
冷やすといっても、いなかでは小川や井戸に直接(沈むのもあるからネットや木綿の袋に入れて)浮かべたり、たらいなどに井戸水を張って冷やした。町中では冷蔵庫が普及するまでは、水道水で冷やすのが普通だった。しかしそれでも、ずいぶん冷たく感じた。

[夏のおやつ]の続きを読む
  1. 2005/07/19(火) 23:53:36|
  2. 味の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

牛タン以上に

20050701230617.jpg
喉を通らぬ食べ物が“豚足”だ。
牛タンは食べたことがあり、おいしいことも知っている。近々仙台で挑戦することも考えている。
が、しかし。豚足は一度も口にしたことがない。挑戦する予定もない。
[牛タン以上に]の続きを読む
  1. 2005/07/01(金) 23:40:19|
  2. 味の…
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。